抗真菌薬ドルマイシン軟膏

ゼリア新薬工業のドルマイシン軟膏という抗真菌薬をご存知でしょうか?ドルマイシン軟膏は第2類医薬品としてドラッグストアや薬店でも購入が可能なお薬です。また二種類の抗生物質を配合した多くの菌に対して抗菌作用のあるお薬でもあります。

亜鉛華軟膏・レーザー照射・抗真菌薬の効果とは?

水虫治療は一般的に、抗真菌薬が用いられます。
足の裏や指の間が水虫となっている場合、抗真菌成分を配合した外用薬で治療します。
水虫は白癬菌というカビの1種によって、引き起こされる皮膚感染症の1つです。
皮膚の角質層という部分に、白癬菌が感染する事で水虫を発症します。
抗真菌成分は白癬菌の細胞膜に直接作用し、細胞膜の再合成を阻止する効果を持つ成分です。
細胞膜が新たに作られなくなった白癬菌は、やがて死滅します。
以前の外用薬は刺激が強く、かぶれなどを起こしやすかったのですが、最近は刺激の少ない外用薬となっています。
また、角質層に抗真菌成分が長く留まるように作られている為、1日1回外用薬を塗るだけで白癬菌に効くようになっており、何回も外用薬を塗り直す必要もありません。

同じ外用薬として、亜鉛華軟膏が処方されるケースもあるようです。
亜鉛華軟膏は炎症を鎮める作用があります。
水虫になってしまうと激しい痒みから、患部を搔き毟ってしまうケースが多いようです。
搔き毟る事で皮膚がダメージを受け、炎症を起こしたり傷口から雑菌が入り込む事でも、炎症を引き起こしてしまいます。
患部に炎症がある場合は、症状を改善する為に抗真菌薬の他に亜鉛華軟膏を、処方する場合があるのです。

これら2つの外用薬は、皮膚に白癬菌が感染した場合の治療に用いられます。
実は水虫は皮膚にだけ起こるものではありません。
爪にも白癬菌が感染するケースがあるのです。
爪水虫は硬い爪によって外用薬の有効成分が、中まで浸透できない為、他の方法で治療が行われます。
レーザー照射も爪水虫治療の1つです。
レーザーを爪に照射し、レーザーの熱によって白癬菌を蒸発させたり、殺菌する事で爪水虫を治療していきます。
レーザーを照射するだけですので、痛みなどもなく安心して受けられる治療法です。