抗真菌薬ドルマイシン軟膏

ゼリア新薬工業のドルマイシン軟膏という抗真菌薬をご存知でしょうか?ドルマイシン軟膏は第2類医薬品としてドラッグストアや薬店でも購入が可能なお薬です。また二種類の抗生物質を配合した多くの菌に対して抗菌作用のあるお薬でもあります。

肌がダメになる水虫は木酢液で治る?治療は抗真菌薬

水虫はただ痒みが出る、皮膚病と思っている方も多いのではないでしょうか?
確かに発症すると、かなり強い痒みが現れますが水虫は、肌はボロボロになってしまう皮膚病でもあります。

白癬菌というカビの仲間が、皮膚の角質層に感染する事で発症します。
角質層の奥深くに白癬菌が入り込むと、体の機能によって白癬菌を追い出そうとするのですが、この機能によって強い痒みが遅います。
また、肌がジュクジュクとただれたようになる、小さい水疱ができるといった症状も現れるのが水虫です。
痒みによって搔き毟る事から、肌もボロボロになってしまいます。

辛い水虫を何とかしたいという事もあり、水虫が治ると言われる民間療法も数多く誕生しています。
その中の1つに挙げられるのが「木酢液」です。
木酢液は酢の数十倍、殺菌効果があると言われています。

木酢液を薄めた水に患部を浸す事によって、白癬菌を死滅させようという民間療法となっています。
殺菌作用に優れている為、場合によっては白癬菌を除菌できるかもしれません。
しかし、この作用はあくまで皮膚の表面に付着している、白癬菌のみに有効です。

角質層の深くに潜り込んでしまった白癬菌は、木酢液では対処できないでしょう。
痒みや肌にトラブルを感じるようになっていたら、すでに民間療法でのケアでは手遅れです。

この場合は、抗真菌薬で治療を受けましょう。
抗真菌薬は白癬菌の細胞膜に作用し、発育を抑制する作用があります。
肌に症状が出ているという場合は、抗真菌成分を含んだ塗り薬で治療するのが一般的です。

根気よく塗り続ける事によって水虫は完治します。
ただ、症状が治まったからといって、自分勝手に治療をストップしてしまうと、再発の危険性がアップします。
ですので、治療を止めるかどうかは医師と相談しながら決めましょう。